雑な理系の徒然記
自転車とメシ、時々食品業界ネタ
プロフィール

coffee

Author:coffee
食品メーカー勤務の
理系バカ自転車乗り
こんなやつです
http://coffeedai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



counts



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



6/16(土) 堺浜でハンマーレース
昼からのレースだし距離も短いので、
朝からやーまだへ
1本だけクイっ(・∀・)と上げておく
 
堺浜へは車で移動して、
軽く走ってから本番
 

900mを20周の短距離ポイントレース+TTTのチームレース
ポイントレースって久しぶりやな
ポイントは3周ごと6回+ゴールポイント
チームメンバーでの合計ポイントで出走順を決めて、5周のTTT
 
キリP、ヤンボー、きょうしろニキ、がんちゃん氏
メンツがおかしい()
 
 
とりあえず圧倒的スプリントおじさんことやんぼーがいるので
自分ときょうしろニキはガンガン行くのみ
細かい舵取りはキリPにおまかせだよ!
 
ファーストアタックで2名が逃げる
少し泳がせて2周目でキリPが牽いたところから、
自分ときょうしろニキが抜け出す
s-IMG_0227[1] 
よしよしよし
このまま逃げるで!
 
しかしそんな簡単には逃がしてくれん
3周目の途中で後ろが追い付いかれてしまふ
あかーーーん!
ネクストリームうどん虹や(虹やのうどんは美味しい、以下うどん)2名に抜かれて踏みなおすけど
3位でポイント取るのが精一杯
 
次のポイントも取りに行くが2位
ここもうどんに1位を取られてしまう
 
きつくなったので一旦休む
その間に次のポイントはやんぼーが取る
 
そっからきょうしろニキが逃げる
流れで4回目のポイントは我々が独占
 
ここからキリPが抜け出して決まりそうな雰囲気だったんだが、
吉岡が追う
・・・やるじゃない!
s-IMG_0225[1] 
 
いっぱい動いてたらかなり疲れる
5回目のポイントの動きにも反応するがむり~~~
これはさすがに休まんとどうにもならんぞと思ったが、
ポイント取りに来た人達も集団も動きが鈍そうだったので、
やけくそで逃げる、後は任せたぞ!的な
 
全然踏めないけど、意外と近づいてこない?
まぁ何にしても独走って気持ちいいよね!()
 s-IMG_0224[1]
(腕もっと閉じないとな、、、

最後のポイント取れれば御の字と思っていたが、
ユーロワークスに追いつかれる
争わないからこのまま行こう!と言われたけど、
別のユーロワークスさんにさらに追いつかれて振り切られるというね
(彼は悪くないんだきっとw)
 
ここまでの合計ポイントだと微妙
ゴールのポイントは3倍付けなのでここは確実に取らんとあかん
しかし自分の脚はない!
何とか回復させてキリP先導でラスト1周で前へ
きょうしろニキ-自分-やんぼーの並びでバックストレートから発進
何とか2人の間をつなげればいいやと思っていたが、
きょうしろニキが強すぎてS字コーナーの手前まで牽いてくれた
やんぼーが先に発射して自分はその後ろへ
うどんジャージが右後ろに見えたので、
そっとラインを潰してやんぼーのスイーパーをするだけの簡単なお仕事
 
ほとんどきょうしろニキのおかげでワンツーフィニッシュして
合計ポイントで一位ゲット!
 
めっちゃきつかったでよ・・・
JBCFでもこういうレースしよーぜw
 
しばらく休んでから5周TTT
チームTTってやったことないんだけどな!!
 
最初から上げ目で行く
s-IMG_0222[1] 
ほんとこれ見ると姿勢下げてなんとか速度稼いでるよね俺・・・

s-IMG_0223[1]
がんちゃん氏が相当きつそう
フォローに回った?キリPが途中で切れる
ちょwww
3人目のゴールタイムで決まるのでもう千切れられません!
3周目あたりでかなりきつい
きょうしろニキが強すぎる・・・半分は牽いてたんじゃないかな?
何とか3人で最後まで

優勝したで!
s-IMG_0221[1] s-IMG_0219[1]

photo by おくりさん 

ありがとうございました!

スポンサーサイト
6/12~ 平日週報 サボリ気味
6/13(水)
朝練
1号線だけがんばって
549W/1min
 
6/14(木)
清滝 322W/9:33
川沿いを 353W/2min



宮古島楽しかったねえ~ 
s-クリップボード02 s-IMG_0111.jpg
s-IMG_0179.jpg 
s-クリップボード01s-IMG_0109.jpgs-IMG_0158.jpg

ツールド宮古島 136km
今年は橋を渡らないコースになったので、
184km→136kmと大幅に距離が短縮され、ほぼ同じルートを2周
 
その代わりに、というわけではないけどメンツが濃い・・・
攻めるのが好きそうな方々なので楽しいレースになりそうである
エントリーリストを見て、後半には10人以下に絞られるかな、という感じ
まずそこに残らねばね(汗
 

以下備忘録
 
当日の朝食をマックスバリューで物色したんだが、
食いたいものがほとんどなかったのでやむなくカレーメシにしたんだが
レース中にカレー風味がこみ上げてきたのでこれはあかん
そういえば熊野の3日目も朝食にカレー食ってやっぱこみ上げてきてたんだった
ということをレースの後に思い出す(アホ
 
レースの朝にカレーはやめようw
 
≪補給≫
ボトル:CCD+BCAA1本 水1本
粉飴+電解質パウダーのジェルフラスコ2本 
メイタン1本
あん入り餅1個
 
終盤珍しく足がつりそうだったのでもう少し塩分があった方が良かったかも
水はエイドでなるべく取った(計7回のうち2回くらいはパスしたかな?)
去年よりは距離的にも気温的にもマシで風もあったので空冷されたが、
それでもやっぱり暑さはきつかったかな
 
==================================
【レース】
 
北野君のファーストアタックから始まる
しかし先導車に詰まっておかえりただいま(*´ω`)
 
そのままの勢いでペースは速い
しばらくして3人ほど抜け出していった
佐藤さんと中鶴さんが入っているのは見えたけど、
西谷さんが入っていたのは見てなかった。。。
結構やばいメンツだった
 
たださすがにこの序盤から少数では厳しいだろうと思って見送り
宮古島は標高は大したことないけど、
暑さと風は時間と距離以上にダメージが来る
佐藤さんが30分ほどでで予想外に早く落ちてくる
冷静な判断?それとも不調なのかな?
 
集団のペースは遅くないので
時々下りで刺激する程度にして、基本は集団に任せて温存
 
序盤から良いペースだったので嫁さんが苦しそう
位置取りがね~~
臨機応変な対応ができないようで
先を見て流れを見て楽をすればいいんだけど、
そもそもチビっこいから先が見えないという説も
先がわかるサーキットみたいな周回コースとは違うよね
 
千切れそうになってるので隣でハッパかけてたんだけど、
さすがに自分まで千切れるわけにいかないので・・・後は頑張れ!
 

東平安名崎までは追い風で集団も元気だが、
そこからの南の海岸線はアップダウンが始まり横風~向かい風になるので
ここらへんから実力差が出てくる
 
中尾君が北野君と前でペースを上げようとしているが、
本気で抜け出そうという感じではないかな?
ここは無理せず流れに乗っていく感じで
ちょうどアップダウンが終わるあたりで西谷さんと中鶴さんの逃げは吸収された
ここらへん集団が割れかけるが、
行きたい人とまだ温存したい人が混じっているのでペースダウン
1周目でドロップしかけるくらいなら人数が多くてもまだ慌てることはない
 
北上して2周目へ
向かい風がきついのでスローペース
途中で北野君が抜け出すが、集団は容認して
微妙に見える範囲でキープする
結構頑張っていたがやはり向かい風単独は辛いようで
おかえりなさい
 
入れ替わりで酒井君が抜け出す
誰か行きそうなら乗ろうかと思ったが、
これも単独逃げになったのでここはひとまずスルー
タイミング的にも誰か行くんじゃないかなと思ったけど
集団も結構疲れてきてるかな??
 
しばらくすると彼が見えなくなり
なんとなく見覚えのある坂が現れる
そりゃ一周目で見てるんだけどそうじゃなくてw
去年逃げ始めたとこだココ
これは行けってことかな?と考えてたら北野君が上がっていくのが見えたので
それに合わせるように抜け出す
GO!! 
北野君に追いついたところで踏んでいく
しばらくして追走2名が見えたので合流して4名に
北野君、3UPの飛田さん、去年2位の五月女さん
良いメンバー!
 
逃げを決めたいので踏んでいく
ひとまず見えなくなるまでは頑張ってそこからはペースで
途中酒井君を拾うが、2回ほどろーてに入ったらいなくなっていた
ナンテモッタイナイ・・・ソウイウトキハツキイチデイインダヨ
 
最大50秒差まで開く
五月女さんと飛田さんがきつそうになってきたので
自分と北野君メインで回す
牽けなくてもツキイチでついて来れるうちは切らないし切れない
(どうしてなのかは考えてみよー)
 
追い風は終わって南海岸のアップダウンへ
30秒差で追走5人とのこと
秒差は縮まってきているが、追走メンバーも少ない
集団から抜け出して脚も使っているはず
 
こっちは4人だが実質2人
2人は上りがかなりきつそうだし、北野君も徐々にきつくなってきている
序盤から動いてきたダメージだろうな
 
追走に吸収されて9人?しかしバラけかけてる
根本君がここで後ろを切りたいということを伝えてくる
自分も望むところなので上りでアタック
これは吸収されて中尾君もアタック
この動きで余力のなかった人が切れて、6人になる
西谷さん、中鶴さん、中尾君、北野君、根本君
ほぼ予想通りのメンツ・・・


残りは20kmで仕掛けるところは少ない
あまりペースは上がらないが
スタート時は曇り空だった天気が晴れに変わり暑い
ふとした拍子に右足が攣りかける
・・・まじ?(;´∀`)
攣ることってめったにないんやけど、
このコンディションのせいか?
しかし気付かれたら即死なので、
ローテも入ってどうにか回復を図る
 
市街地区間に入り残り10km
 
おそらく一番脚が残ってそうなのは根本君だが
スプリント勝負には持ち込みたくないだろう
中鶴さんは根本君をビッチリマークしてるから
おそらく自分と同じことを考えていそう
西谷さんはどこかで仕掛けてきそうだけど、かなりきつそうに見える
北野君と中尾君はスプリントが怖いけど、
どれだけ脚が残ってる??
 
と色々考えながら
お互いどう出るかお見合いのような状態
 
残り少ない坂でやはり根本君がアタック!
これはきっちり反応して潰すが、ここでまさかの西谷さんが遅れる
熱中症でグロッキーだったらしい
 
その後も根本君が仕掛けてくるが、
それをマークしている中鶴さんが反応して決まらず
 
牽制状態のまま残り2kmのファミマを過ぎる
そこから下って最終コーナーからゴールまでは1kmほどで緩く上って下るレイアウト
その下りで前に出てコーナーは先頭で抜ける
 アウトに掃けると根本君がここからかけていき全員それに続く
自分は最後尾につき直す
・・・足が攣りそうだが何とか持ってくれ!!
登りきったところで一旦牽制が入り、
そこから改めてスプリント

過去最高にかかった感触だったかも
s-IMG_0181.jpg

何とか勝てました
s-IMG_0163.jpg

s-IMG_0141.jpg 

これだけ強い人たちが集まると、レースも展開があって駆け引きがあって
色々考えながら走れるので本当に面白かった

感謝です

JBCF 3days熊野
【前日】 
佐々木を南港でピックアップして熊野へ
駐車場に2時ごろ着いたが閉まってたので、道の駅で車中泊
今年は結構寝れた

【1日目】
1日目は毎年同じルーチン
起きて顔洗ってコンタクト入れて朝飯を軽く入れて
1周試走してからゴール前の坂でアップ
結構苔が多いので注意せなあかんな・・・
 
↑ってあたりを確認するのが試走の目的だと思うんだけど、
皆やってんのかな?
路面や路肩の状況とかよくよく見とかないと、
文字通り足元すくわれると思うんですけどね 

========================
できれば逃げたいところ
今年は4周あるから絞られるかな?
 
スタート特に問題なく
細かいアタックはあるが決まらない
 
片側通行なんだけどな
皆守らない、というと語弊があるか
守らないやつは守らない
絶対はみ出るなとまでは思わないけど、
前に出るために右に出たならサクっと前まで上がってくれ
だらだら右車線を走り続けられると危ないねん
トンネル手前で前にいたいのはわかるけど、
反対車線にはみ出して上がって急に割り込むな~~!
 
めんどくせえな・・・と思いつつ集団真ん中あたりでトンネルに入る
集団の挙動が怪しい
ああやだなぁと思いつつ2個目のトンネルの途中で落車発生
おぅふ
右にいたので何とか回避、しかしほぼストップ状態
 
すぐに前を追いかける
分断されてるけどまぁ大丈夫でしょ
折り返しから踏んでいけば追いつける距離
・・・なんだけど、前が踏んでない
おいいいいい!!!Σ(゚Д゚;
他力本願やとまずいと思って自力で追いつく
ここ結構きつかった(;´Д`)
 
疲れたのでしばしお休み
 
2周目
折橋君とつっちーさんジマさんは生き残ってるのを確認するが、
後の面々が見当たらない
あっちゃぁ・・・
うちとしてはかなりの痛手
 
激坂前で2名先行
これを追っかけて3周目に入るところで合流
4名になる
UKYO、バルバ、SAの中川君、自分
メンツ的にも悪くない感じ
 
が、県道に出る手前のコーナーで
バルバの選手がスリップ落車
ありゃー(;^ω^)
 
ここは無理せず吸収される
 
3周目はまったり気味
あまりに有力選手を見ないもんだから、
逃げてるんじゃないかと勘違い
 
前で2名逃げてるらしい(誤報だったんですがw)と聞き、
つっちーさんに牽引をお願い
・・・したらむしろ集団から抜け出していった
 
お願いしたのそういうことじゃないんだけどなぁw
 
集団のペースが上がりつっちーさんも吸収される
結果的に集団が疲れてくれたかな?
というタイミングで激坂へ入れたので
強めに踏んでいく
 
有力処が前に揃ってきたので集団が割れたかと思ったけど、
結局一つになる ざんねーん

最終周回は大きな動きなく
ゴールが近づき前へ進撃
ジマさん、つっちーさんと集まる

上がったスピードに対応できない人がちらほら
この状態で半端に右から被せてくるのはちょっとなぁ
だらだら上がってきて疲れたからって
ゴール前で割り込ませてあげるわけないでしょ
(義理がある人は入れてあげることもあるけど)
 
つっちーさん→ジマさんでラインをキープしてもらって
自分は寺崎君の後ろをキープ
・・・途中で中川君に取られたけど(;´∀`)
 
ジマさんが下がった後に後ろで激しい落車音
こわ・・・
しかし振り返る余裕はねえ
 
激坂入口に向けて中川君がかける
ぴったり後ろを取る
そこからもうひと加速して並んで入る
 
ベストな展開!
中川君を抜いてそこから踏み倒す
この状況で追いつかれるとしたら寺崎君くらいだが、
間に数名入って手間取るはずだし、頂上までにかなり差をつけられたはず
 
し か し 追いついてきたよ~!!
こっちはもう脚がないw
きっちり差されました
 
2位でした
s-IMG_9976[1] 


応援してくれた子供たちと一緒に
s-IMG_9974[1]
「ゴール前で後ろ振り返っちゃダメでしょ~ 」ってよく見てるよこの子達w
 
千枚田の試走へ
s-IMG_9978[1]s-IMG_9989[1] 


【2日目】
毎年ここで総合順位がだいたい決まる
千枚田で集団に残れるかどうか??
 

序盤からそれなりのペースで進む
つうか相当速かったわよ汗
そうそう逃げれはしないけど前で
 
したらなんてことのないところで落車音
なぜ・・・
ヅカさんが巻き込まれたらしくウチとしては痛手orz
 
イエロー石井君が単独で逃げだす
15秒差くらい
 
このままの秒差を維持するように捌く
思惑通り千枚田の手前で吸収
さすがにこのタイミングではきついだろう
1人ライバルが落ちたかな(と思っていた、しかし・・・)
 
千枚田に入ると予想通りのメンバーが前にいる
林の区間を抜け、千枚田を抜けたところで中川君がアタック
 
これで一気に絞られて自分も千切れた
つええ・・・
10名くらいに先行されて心が折れる
 
佐々木の応援を聞きつつ何とか進む
こういう時間はホンマにきついから応援が力になる
抜いていった石井君が追い付いてくる、そして抜かれる
あんだけ逃げてたのに、、強すぎやろ!!!
 
下りも頑張る
途中2名をパスして飛ばしてたら、
2年前を同じコーナーでオーバーしかけてドリフト
おおおオオォォ 
冷静に立て直す
 
下った先で追走集団になる、4名だったかな?
先頭は見えないから心が折れそう
 
生田目さんが徐々にきつそうになる
とりあえずローテ短くていいのでハイペース維持で!
 
我々がバテ気味になってきたところで
救世主登場、なべちゃーん!
 
ほぼ単騎で追いついてきたみたい
なんなのw
そこからメインで牽いてもらう
残り5kmくらいで前に2名が見えて吸収できそうだったが、
ゴールが近づくにつれて微妙に牽制が入ってしまい(自分も・・反省
結局追いつけず
 
結果的に
先頭5名⇒前の2名⇒8位争いを7名で、だったみたい
 
順位を気にしないなべちゃんがゴール前を牽いてくれる
せめてちょっとでも速くゴールしようとするが、
かけた瞬間にフロントギアが飛んだ
フロント変速してないのにーーー!(-_-;)
ギアが噛みなおすまで少々ロス、そこから踏みなおして何とか秒差なしでゴール
危なかった・・・
 
TOP+54秒で9位でした
 
この秒差はキツイなぁ・・・
 
自宅から自走してきた嫁さんと合流して、恒例のラーメン屋へ
s-IMG_9996[1] 

3日目の試走をして
s-IMG_0046.jpg

勝浦でマグロの晩飯
s-IMG_0007.jpg 


【3日目】
総合6位で迎えた3日目
しかし5位以上とは秒差がかなりあり、7位以降とはあまり秒差がない
最低でもメイン集団、できれば少数で抜け出したいところ
 
どっちかというと得意なコースなのだが、
朝走った時の感覚では珍しく微妙な調子で自信がなくなるorz
(単純に疲労が残ってるだけという説も)
 
今年はコースが少し変わってきつくなっているのに加えて1周増えて4周に
素晴らしい(泣)

 
1周目、2周目は坂の手前で先行して、ペースで上る
s-IMG_0055.jpg s-IMG_3964.jpg

2周目の山岳賞はUKYOの二人逃げを追う形で獲れないかと思ったけど、
ここで狙うと終わりそうだったので堪えた(オトナになりました・・・)
 
3周目の坂は有力選手が前に固まる流れで突入
案の定 
寺崎君、中川君が飛び出し一気に伸びる
自分も3番手でギリギリ上りきる後ろは離れてて
ここでもうちょい踏んばれば3人!
 s-IMG_0044.jpg
というところなのだがあと少しが詰めれず沈
こういうとこだよ俺ぇ・・・
 
集団に戻る
人数はあまり残ってないし皆きつそう
ここで嘉瀬君が飛び出す
こういう攻めの姿勢は見習わんといかん
しかし身体がついていかないorz
集団では石井君が圧倒的に強い
自分や他のメンバーは申し訳程度にローテをつなぐ
 
しばらくして嘉瀬君を吸収
4周目に入る手前で逃げの2名も吸収
ここでこのコースでは珍しく集団が止まる
上位陣がお見合い状態になったかな?
 
コントロールラインあたりからUKYOが抜け出すが、上りで吸収
そのまま寺崎君が坂で抜け出すが、単独なので戻ってくる
集団は20人弱と意外と残ってる
総合6位は確保できそうだが、
自分より上位は全部残ってそうなので1人でもふるい落としたい
・・・しかし脚はない(;´Д`)
 
下りの手前で前に出て上り返しで全力アタックを!!
と思ってたら逆に中川君にそれをやられる(-_-;)
・・・強く上手くなったなぁと感心するオジサン
まいったな
 
というわけで自分の打つ手がなくなり集団スプリントへ
牽制ムードの中、SA塩澤さんの番手につけるが
彼も脚が残っていない模様
ミスった・・・
そこからなべちゃんが残り600?700m位から発進

え!?まじかこの距離から?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
飛びつくが・・・後ろにつけません!
またこのパターンかよwww
当然離されていくので変わって欲しくて後ろを見たら寺崎君
うーわーーー
 
(=_=)。〇(ここで俺が掃けたらなべちゃんが勝つだろう
寺崎君の3連勝も阻止できるわけです
しかしこの位置でそれは万死だろ!
自分の総合順位はもう変わらんし
ってことで頑張って牽きました!
特等席で二人の争いを見れたので満足や!!
後は安全に集団ゴール
寺崎君が勝ったのでよし!
なべちゃんごめん・・・?
前日の借りを仇で返したような笑 

TOPと秒差なし14位
総合6位 TOP+59秒
s-IMG_0016.jpg 

=========================================
落車でいなくなっちゃった人も多かったけど、上位陣はもれなく強かったと思う
単純な脚力だけじゃなくて、駆け引きとか、ゲーム要素を感じられて楽しい
チームとしてのレースもできてるところは多くないけどそれでも増えてると感じる
 
 
単純に脚力つけるだけじゃなくて、
レースの基本的なコト
ルールはもちろん、暗黙のマナーやモラルや、
何より安全意識や安全に走る基本的な技術がもっと浸透して欲しいと思う
脚力差以上に、そういうのがある人と無い人の差が激しいと感じる
 
とはいえ、自分も全くエラそうなことは言えないと思ってるので、
それはあかんやろってのがあれば、厳しくご指導ください(ほんまに)



5/28~ 平日 熊野前
5/28(月)
おやすみ
 
5/29(火)
朝練
清滝 10:08 317W
序盤きつめに入り苦しむ
苦手なやつや・・・でもレースだとこういう感じになるんだよなぁ
 
ゴルフ場
2分382W-1分レスト-1分506W 
死んじゃう
 
5/30(水)
夜ローラー
30-30×10
410-210W-5本からの450W5本
 
とりあえずできてホッとする

熊野に続く!

美山ロードレース C1
2年ぶりに参加の美山ロード
去年は鈴鹿(の賞金に目がくらんで)とかぶっていて不参加、
一昨年は2周目直後に落車があり、ただの練習になってしまったので、
今年はまともにレースを楽しみたいなと思っていた(フラグ1)
 
ほぼ10kmを7周
上りは2分強の九鬼ヶ坂くらいで後はほぼ平坦
プロは前年優勝者のシマノ秋田選手くらいだが、
アマのトップクラスの選手がゴロゴロ
俺なんかでも聞いたことのある学連選手も結構いる
 
エントリー数200名超えってどうよw
学生が多いのが色んな意味で怖い()
一昨年のこともあるし、極力前で走ろう(フラグ2)
 
暑い・・・
ダブルボトルで行ったけどほぼ飲みきった
 
暑いのでアップをする気にならず、
身体をほぐすくらい
 
シード選手が前に並び、自分は真ん中くらいからスタート
 
リアルスタートしたら少しずつ前に上がっていく
先頭が見える位置に上がったが、
アップもしてないし最初の1周はアップでおとなしくしてよう(フラグ3)
 
集団から数名が抜け出す
秒差が開いたので
何故かブリッジかけてしまう自分
・・・フラグ回収!
 
8名くらい?割といい人数になる
俺以外全部学生やんけw
皆まだ元気なのでイケイケ
結構きついペースで突き進む
しかし九鬼ヶ坂の手前で集団が追ってきて坂の途中で捕まる
きっつぅ・・・
 
一旦集団内で休む
すげえ楽だな
集団の強さを感じたのと、1周目でかなり疲れたので
簡単に逃げは決まらんだろうと踏んで、結構下がってしまった
 
上りも集団だとだいぶ楽だなーと感じる
集団先頭で秋田選手や龍太郎がハイペースで登っていくのがちらっと見えたけど、
お米アタックかな?まぁ吸収するやろ、と呑気に構えていた
 
後で考えてみたら、
この2周目の坂で実質レースが終わっていたというね
あほか俺・・・
 
3周目入って集団の先頭へ出ていく
あれ??
有力どころが揃って不在
 
龍太郎、秋田選手は当然いない
マツケンさん、亮さん、寺崎君、小林さんもいない
 
ぐあーー! やっちまったーーーー!!
 
乗ろうとして乗れなかったんじゃなくて、
逃げができてたことにも気づいてなかったって
アタマがお花畑過ぎやろ俺・・・orz
 
しかしまだ望みは捨てずに集団で追いつこうと牽く
追いつくぞという気持ちのある人は少数な感じ?
 
3周目の坂で強い学生が一本牽き
何とかついていけるけどちょっと前に出れない・・・
自分の前の津田君も前に出ないのでおとなしくついていく
 
きついペースだったので後ろはブチブチ
しかし逃げは見えない、下った先で集団になる
逃げが40秒差と聞いて萎える、まじすかorz
 
集団の動きが鈍い
が、ここで止まってもしょうがないので、
なんとかペースを保とうと声掛け
キリP、藤田さん、サダさん、堀井さん
逃げに入ってない鹿屋の選手も結構牽いてくれた
だだだも頑張ってたな
 
逃げに乗ってるチームは京産大とバルバ、イナーメくらい?
ここが当然逃げを抑えにかかるが、京産の動きが良い
いやらしくない程度の位置でローテを回したいのに微妙に困る・・・
逃げ抑えるのにちょうどいいさじ加減やね(褒めてる)
 
感心してる場合じゃねえw
 
何とか前に追いつかないまでも秒差は保ちたいところ
前がバラけるかもしれないし
 


上りはペースで
s-33900808_1717909551663480_7211662338124939264_o.jpg s-33840730_1717902094997559_2606072918400040960_o.jpgs-33964435_1717902171664218_1836418919305314304_o.jpg
このあたりをちゃんとわかっていて声出してくれる学生がいてうれしい
つまりはわかってないやつが多いということでもある
抜け出そうとしてすぐ垂れてくる高校生とかな・・・
 
しかし秒差が開いていく・・・
ペースを上げるとローテが切れる、ぬあぁぁ
 s-33814929_1717911984996570_5629042429433741312_o.jpg
悶々としつつも最終周
何故か(何故かでもないけど)
最後の坂の前で上がってくるこれまでに見てない面々
どのレースでもいるけどなんなんこいつらもう・・・
そらルール的にはいいんだが、気分良くはない(-_-;)
 
最後の坂ではね上がるかと思ったが、何とかついてく
藤田さんがバックファイアしそうだったので檄を飛ばすw
 
前から10番目くらいで頂上通過、
後ろがばらけてるかは微妙なところ
リスク回避でヘアピンに入る前に数人抜いておく
最後のヘアピンは今までの周回よりちょっとだけ速度が上がってた
まぁ安全速度でホッ
・・・としていたら3人位後ろ?で落車音
 
まじか
 
これで10人位になってしまいスプリントへ
ほとんど学生
枚数のある京産がリードアウトな感じなのでそれに合わせるような形
もう前10人ほどはゴールしてるので、つまらん落車だけはせんように
しかしコーナーのたびに真後ろにつくのを外す自分の下手くそっぷりorz
 
スプリントは5,6人目くらいでゴール、びみょーーーw
最後のスプリントは反省しかない
左右どちらから行くか迷ってる時点でダメ
こういう時はだいたいあかんね
 
17位でした
が、O44(35~44才)では2位だったので一応表彰台でした!
 s-33771164_1717923514995417_2348295612723625984_o.jpg
マツケンさんと藤田さんと
 
ご一緒に練習させてもろてることに感謝!

photo by Kensaku Sakai 
いつもありがとうございます

5/21~26 USTきもちいい
5/21(月)
3本ローラー
たまには回転練習をば
135rpm2本 150rpm2本
1分ずつ、レスト1分で
 
5/22(火)
朝練
清滝 304W/10:25
5倍くらいだと少し余裕を持って走れる
しかし最近体重測ってないから本当に5倍なのだろうか()
 
佐々木から借りたオープンプロUSTを使ってみる
とりあえず5.8気圧くらいで
 
や べ え き も ち い い い い
 
微妙な路面の振動がなくなるから気持ちいい
イイ車に乗った時のような感覚
(ってほとんどイイ車乗ったことないけどもw)
デカい段差とかはさすがに無理やけど、
細かい凹凸が気にならない
 
上りで軽い感覚とかはないけど、
それは期待してない要素なので問題ない
 
快適で転がる
 
似たような感覚をレーゼロ→レーゼロカーボンに履き替えた時や
コンチタイヤ→P-ZEROに履き替えた時にも感じたけど、
(タイヤの銘柄もあるけど、タイヤ幅の要素もあるかも)
今回の差はそれ以上だな・・・
 
 
5/23(水)
朝練
清滝は流して、ゴルフ場で2分全力
 
何で2分かというと、MMPグラフで2分だけ凹んでるんだよな・・・
そういうのってなんか埋めたくなるじゃない?

というわけで、2分チャレンジ 472W
2分の部分が凹→凸になりましたとさorz
10%くらいの坂だからワットは出しやすいんだろうな
(速くなきゃ意味ねえんだけど
 
抜け殻で川沿いTT 2分チョイ
今日は何とか嫁さんを千切ったった
 
5/24(木)
朝シャルドン
上りスプリント1本だけ全力
残りは緩め
 
5/25(金)
朝練
清滝 9:07/331W
上り切ったところでリアの変速ワイヤーがぷっちん
オーマイ・・・
 
元々この週の途中から変速に違和感は感じてて、
週末のレース前に変えてもらおうとは思ってたけど、
見事にこの日に切れるとはwww
 
ゴルフ場1本やろうと思ってたけど、
とても登れないので
1分全力走 536W
最後はケイデンスが30台になっとった
 
5/26(土)
レース前やし軽め短め
嫁さんと2人分のサイコンを忘れてしまって感覚で走る
まぁたまにはいいべ(言い訳)
 
高槻から亀岡まで行って帰ってくる
途中ガレリアに寄ったけど、胸が苦しくなるのは何故だろう
沖縄練・・・うっ・・・(;´Д`
 


JBCF堺クリテリウム E1
2.6km 8周の短距離レース

例年よりメンツ濃い目
ゴール地点が変わったので、比較的安全かな
スプリントになってもまだ自分向きではある
でも、どのみちスプリンターにはまず勝てないので、
去年と同じく逃げを狙いたいところ
が、面子的にもペースが速そうなのでチャンスは数多くはないかな??

黒クマさんにムリヤリ撮ってもらいましたw
s-00.jpg 
WCUは6人
ヅカさん、ツッチーさん、こけしさん、シマケン、カブ、自分 

色々考えつつレーススタート
 
基本前キープ、やっぱりペースが速い
若いメンバーが積極的
アーティファクト、Kermis 、KAMIHAGI
 
カブやシマケンの動きを見つつ前の方で様子見
集団のペースも落ちず、なかなか逃げが決まらない
 
5周目で石井君含む3人逃げができて、集団は容認気味になる
微妙な秒差だけど、これ以上後になると厳しい
 
ということで先頭付近に小林さんがいるのを確認して、
GO!!
 
予想通り小林さんだけ釣れて(連れて?)半周で逃げに合流
きっつ・・・ちょっと休ませて・・・と思ったのが失敗だったなぁ
集団が近づいてきたのを見てか、前3人も踏みやめちゃった
あそこでもうちょっと頑張れてたらまた違ったかもしれないね
 
さすがに疲れたので少し下がる
チームメンバーを視界に入れつつ一休み
ふー、楽だw
 
ラスト1周半残したところでツッチーさんがアタック、微妙に開く
んー、どうなるかなー?
ここでなぜかカブが集団の先頭で微妙に牽いてる
意味ないからそれ・・・
 
ここでツッチーさんは1周少なく、カブは1周多く間違えてたらしいw
 
集団一つで最終周回へ
徐々にペースが上がる
少し上がるのが遅れたが、徐々に上げていくが
ラストのコーナー二つ手前でまだ20番手ほどとちょっと遠い
さすがにまずいぞと、コーナーで少し稼ぐ
 
左側は失速しそう
右側から藤田さんが上がっていくのにコッソリ便乗させてもらいぎりぎりまで我慢
最終コーナー手前でスプリントが始まる
右から所司さんが飛んでいく
速い・・・
自分も飛び出す
 
藤岡さんに左から並ばれて絶対まくられると思ったが、
前が塞がってて抜けれない模様

所司さんははるか彼方・・・2位の人にも届かず無念!
3位でした~
 s-c0188525_7592022[1307]s-c0188525_7592010[1306]
思わず藤岡さんと確認しあってるw

まぁスプリントになった割には上出来かな?
藤岡さんに捲られんかったのは完全に運が良かっただけですな(;^ω^)



5/14~19 
5/14(月)
レースのダメージと新幹線移動(+乗換ダッシュ)でお疲れ→おやすみ
 
5/15(火)
朝練 
頑張らないデイ
 
5/16(水)
朝練
頑張るデイ
清滝 330W/9:14 
1号線 520W/1:14
 
5/17(木)
朝練
清滝 35-40秒ほぼ全力-2分ちょいレストで3分ループ
1号線 513W/1:15 
走行風に乗ってKOMゲット、なんか申し訳ない気分に・・・
 
5/18(金)
朝練
いつもとルートを変えて1号線の坂を往復
1本90秒、レストは3分ほど
4本とも400Wくらい
 
5/19(土)
高強度を続けてて微妙にしんどいので、土曜だけど控えめに
ティファニーを1周して帰る


5/13(日)JBCF宇都宮ロードレース E1
E1は雨レースがほぼ確定

前日試走した感じと、雨レースってのとメンツを考えると、
『どう考えても前にいないとやばいやつ』
 
萩の道の上りでペース上がる→ウェット&鋭角&逆バンクコーナーで集団一列
からの上り返し→アップダウンでダメージ蓄積
とどめにUターンからの鶴カン
というコンボ
 
大体予想通りというか予想以上でした
 
 
自分のレースが最後なので、控えめに言ってヒマ
E1が日曜レースで最後って今まであったかな?
土曜が朝からで日曜が最後とか、
遠征がしんどくなるだけやから、やめて欲しいんですけど
聞こえてますかJBCFさん~(今度まじで言おう・・・
 
 
1時間半くらい前からもそもそと準備
イナーメレインジェルもアームカバーとVeltoze
アームカバーはまぁなくてもええんやけど、
雨粒が当たるのが地味に気になるので・・・
 
駐車場の近くの坂を3回上ってアップ
1回目は全く力が入らずだったけど、徐々に体が動いてきてくれた
割といい感じ
 
頑張って前に並ぶつもりはなく
スタート待ちで冷えないようにして向かう
ジマさんレインジャケット、河嵜さんいぬぴーさんサポートありがとうございました!
 
===============================
6.7km×6周
スタートは後方、集団の3/4くらいの位置から
ローリングの鶴はまったりと
途中Raphaの黄色いレインジャケット着た選手が抜いていく
・・・ゼッケンもろに隠れてましたけどね!!(アカンやつです
しかしこの選手、レースではめっちゃ強かったな
誰だろうと思って後で調べたら中里仁選手でした、あ、はい納得
 
 
鶴カンからの下りがドキドキ
まぁ怖いのはこの位置での1周目だけでした
こんだけ雨降っててもシューの香ばしい匂いがするんだねえ
と、どうでもいいことを話しながら安全に下る
 
下りきって田んぼ道に出たところでリアルスタート
いきなり速いなおい
しかしこの先の展開を予想してさっさと上がる
集団の脇をふみふみして先頭が見えるところへ
 
前に上がっといたおかげで萩の道はまだ余裕をもってクリア
しかしその先のアップダウンでもペースは緩まず
津田君をはじめ、紺野君や石井君など積極的な若手がどんどんペースを上げる
最初の3周くらいはずっとそんな感じ
自分も合わせるところは合わせ、少人数は泳がせたり
頭使って上手いこと動かんと・・・
全部正直に反応してたらわいのフィジカルやと死ぬわこれ(;´Д`)
 
限られた資源を大切に
ご利用は計画的に
 
トシアキは近くにいるがきつそう
ナベちゃんもさすがにきつそうw
後ろを見てる余裕がほとんどなかったが、
あっという間に人数は減った模様
 
4周目に入るUターンで少し遅れ、鶴カンで津田君とRaphaがアタック
きつくてここで少し遅れるが、
なんとか数秒差で通過
ここまでの周回で下りはまだ余裕があるのがわかってたので
下りで稼いで詰める
 
ここで後ろにはナベちゃんが
まだ残ってたんかい!まじすか(;゚Д゚)
知り合いが後ろだとなんとなく千切れられへんぞという
謎の責任感ってあるよね
平坦に入る前に集団に復帰
 
紺野君が、ナベちゃんが残っていることにめっちゃ驚いていたのが本日のハイライト
大体みんな同じ気持ちだと思うようんw
 
トシアキは千切れたかorz
集団は10人位
津田君は相変わらずアタックしてくるが、キレがなくなっているのがわかる
他の若い面々もガンガン来るが、どうにか対応していく
皆脚を削りながら走ってるんで力技で決まる感じではない
 
5周目のUターンで落車っぽい音がした
振り返る余裕はなかったけど、
後で紺野君がいなくなっていたのでおそらく彼だろう
一番余裕ありそうだったのに残念・・・
 
紺野君がいなくなり
さすがのナベちゃんも最後の上りはきついだろう
そうするとスプリントでも悪くはないか?
 って思ってたのに、最終周の萩でアタックする俺
 
しかし登り返しで吸収されるorz
ナベちゃんがいなくなってたのでまぁよし
 
そこからは牽制とアタックがありつつも、残り300mで集団2番手
いい流れだ
残り200切ってから行くぞと思っていた
 
・・・ええ、その時までは
 
緊張感マックスのところへ、
ナベちゃんがまさかの登場!
そしてスプリントしていく

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
なんだってええぇぇ

タイミング早いやろ!
でも後ろ取れれば勝てる! 
いやでもまだ早い
そもそもなんでおんねんww
 
と一瞬色んなことが頭の中を駆け巡ったが、
結局反応して飛び出してた
 
ナベちゃんが速攻で失速するのを見て
あーー!これやっちまったーー!
ラスト100くらいでごぼう抜きにされて7位でした(´;ω;`)
 
 レースは何が起こるかわかりませんな
 
でもレースしてるなーって感じで楽しかった
走れるようになっててよかったわ
勝つためにというよりレースを楽しむために鍛えるってのが本音だな
もちろん勝ちたいけどね・・・