雑な理系の徒然記
自転車とメシ、時々食品業界ネタ
プロフィール

coffee

Author:coffee
食品メーカー勤務の
理系バカ自転車乗り
こんなやつです
http://coffeedai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



counts



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



8/6~ 平日週報
8/6(月)
3本ローラー 脚加圧 サンダル
レーゼロカーボンでやったら軽すぎて困るの巻

 
8/7(火)
固定ローラー
270W-15分
 
5分くらいまでは良いんだがそっからは暑くて汗だく。
20分やるつもりだったけど、10分で嫌になって
5分短縮してラスト5分をSFR風味で。
 
工業扇買わねば(確信

 
8/8(水)
朝練
目覚めがとても良い感じだったので
清滝は頑張る日。
自分も嫁さんも自己ベスト?
となると風向きだったのか?(;^ω^)
9:14  316W
 
川沿いは車の流れが良くて速度がノリスケさん
さすがにこれは嫁さん千切れるやろ
⇒案の定緩いコーナーで離れた
⇒10秒ほど緩めたけど追いつけなかったので愛の鞭(千切る
 
あれくらい速くなると脚が追い付かないって言ってた。
言うても52-11やから、
ケイデンスだけ見ると周り切るような数字ではないんやけど、
速度が上がってくるとペダリングのタイミングやトルクのかかり方が変わってきて、
それでうまく回せないように感じるんとちゃうかな。
 
高速レースだとダメになる人(※)って割といるけど、
こういうとこなのかも。
(※)ごつくてパワーもあるのに、なぜか平地クリテで前に出てこれない人


〆はスプリント1本
なるべく低い姿勢でやってみるが、みるみる上体が潰れていくorz
664W-25秒


スポンサーサイト
CATEYE ナイトクリテ
朝は嫁さんとパンライドして、
夜はCATEYEナイトクリテリウム。
 
ポイントレースなんやけど、1周2分弱を18周でポイント周回は2周ごと。
・・・めっちゃ疲れるやつやん(;^ω^)
 
会場入りして準備。
雨雲が琵琶湖の向こう側にあって微妙な感じ。
ウェットになるようならレーゼロカーボンはやめて、
チューブラーにしようと思ってぎりぎりまで悩む。
というか、ホイール云々というより履いてるタイヤが
ウェットでの滑りやすさに定評のあるパワーコンペなので
結局雨雲は来なさそうなのでレーゼロカーボンで行くことにした。

前のレースが押して試走時間が5分、ちょ・・・
アップも兼ねて2周だけ。
コーナーが4つでゴールがちょっと上ってるので
スプリントのかけどころが難しいなぁ。
後は平坦で簡単なコース。
s-thumbnail_kusatu3.jpg 
コースが簡単だからと言ってレースは簡単にはならないけどね・・・ 
コースよりメンツ。

 
自転車を置いてだらだらしてたら、
パーーーン!
派手なパンク音が。
 
あらあらもうレースまで10分も無いのに
不運な人だねえ。
「誰や~パンクしたの~」
 
プニプニ
 
「俺やーーー!!」
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 
 
ちょっ・・・まじか!?!:(;゙゚''ω゚''): 
しかしこんなこともあろうかとホイールはもう一組・・・
 
って嫁さん鍵持って行っちゃってる~~~~!!
時間がないので、
「誰かホイール貸して~~!!」
と泣きを入れたところ、
イカした外人さんがホイールに貸して下さいました。
 
かなり良さげなカーボンディープだったのでちょっと緊張するぜ・・・
絶対に壊すわけにはいかないっ!

幸い、風はなかったので扱いは問題なく。
心拍数もきっちり上がったわw
いざレーススタート。
================================
1.3km×18周
 
キリPとどすこい親方は間違いなく強いので、この2人は常に気にしつつ走る。
 
要綱をあまり読んでなかったからローリングスタートというのを知らなかった。
と思って後で見直したけどやっぱり書いてなかったyo!
スタート前に説明合ったのかもしれんが、前述のパンクでドタバタしていて
何も聞いてなかった!!
 
どこからローリング解除なのかも知らないまま先導バイクの後ろでもぞもぞ。
結局半周ほどしてローリング解除。
とりあえず借り物ホイールなので最初はおとなしく・・・
2周目の後半でアタック。
誰も来ないのでそのまま1位通過・・・
と、ここでブザー音。
 
あれ???(;^_^A
 
もしかして最初の1周ノーカウント???
(ポイントレースではポイント周に入ったタイミングでブザーが鳴る)
 
やらかしたーーー!(;´Д`)
吸収されて、この周のポイントは取れず。
先が思いやられるorz
 
そしてここを1着通過したキリPがそのまま抜け出していく。
先週の同レースを最初から全部逃げたらしいので、
そんな彼を逃がすわけにはいかん。
 
皆で追ってここは吸収。
そしてもう集団は10人いなかった・・・!
 
2回目のポイントは何とかゲット。3位?
そしてまたキリPが抜け出していく、まじかこいつぅぅぅ・・・
きつい状況だがまた吸収。
 
後手に回っているとまずい(◎_◎;)
3回目のポイント周回はキリPが疲れているであろうと速めに抜け出す。
何とか1位通過。
 
きつい。
これでまだ3分の1かと思うと嫌になってくる。
が、またしてもキリPが逃げる
も う や め て
 
脚が揃っているのとあいつ独走させるとやばいという共通認識で追う。
しかしあわよくばポイントも取りたいという欲も見え隠れしつつw
自分は余裕がないので追走に協力しつつ、ポイントは捨てて回復。
なんとかキリPをとらえる。
 
何周か逃げられていたのでポイントもだいぶ稼がれている。
もちろん計算なんてできてないけどな!!!
 
ここからは大きく乱れずポイント周でスプリント合戦。
スプリントになると田中のりゅうたろー君が強い・・・
りゅうたろーという名前のやつはみんな強くて困るぜ(-_-;)
親方も強いんだけど、キレがない?(重いのかしらw)
 
残り3周あたりで緩んだところでヌルリと抜け出す。
逃げて1位通過。
自分も稼いだはずだがおそらくポイントTOPはキリPだろう・・・
まだ差はあるがちょっと逃げ切れないので一旦吸収される。

ラスト1周入ったところで少し抜け出したら
バルバの子がついてきたので二人逃げ。
後ろもつらいはずだしお見合いしたらこのまま行けるか~
と思ったらキリPがぶっ飛んできてこれに全くつけず。
最後は3位通過。
 
結果はこちら。
s-thumbnail_20170807091655.jpg 
ホンマにつらかったお・・・
 
良いホイールを貸していただいて助かりました。
ワイドタイヤのせいやろか?安定感あったな。

s-IMG_7864.jpg 
賞品はCATEYE主催なので予想通りライト!

DNSかと思ったけど、何とか走れてよかった。
しかし走ってみて改めて感じたが勝てる気せんな・・・

7/31~ 平日週報 
8/1(火)
朝練
力入んねえなあ
という感覚だったので清滝は控えめで入る。
だんだん踏めてきたので追い込んで終了。
9:28  316W
 
1分はやれない感じだったので30秒と決めて。
692W-30秒
あれ、割といい(;^_^
やる気が出なくても踏めるときは踏める。
良くわかんねえな・・・
 

8/2(水)
朝練
今日も力が入らない感覚なので清滝は流す。
後半はゆっくりダンシングの練習をば。
 
清滝を流した分、エアロポジションでアベレージ高め。
やっと頑張る気分になっていつもの緩い坂を下から。
444W-90秒

 
8/3(木)
朝練
風があって涼しく走りやすい。
 
清滝はインターバル走
↑こういうことやってるから長い坂を登れるようにならないのでは
 
30秒-30秒 450W-レスト 
10本と思ってたけど、頂上まで届かなかったので11本めぇ・・
Ave.300W/10:30
ローラーよりは踏めるけど、
最後まで追い込めるかのはローラーかな。
一長一短。
まぁこの時期ローラーやりたくないけどね!!
 
すかすかになったので嫁さんに牽いてもらう。
後はあまり上げず、最後にスプリントで昇天。
 
スプリントで速度が乗った状態だとうまくバランスが取れないんだよなー。
慣れも必要だけど体幹が・・・

7/30(日)暗峠 のち 満腹
朝に実家での用事を済ませて帰りに寄り道。
 
一度は上ろう暗峠
s-IMG_7825.jpg 
大学時代に友達のVitsで男4人乗って上ったら
まともに上れなくて、
「みんな、前輪に荷重かけるんだ!(;゚Д゚)」
ってなったり(笑い話のようだが結構真剣だった)
上ったはいいがオーバーヒートしかけたな・・・
 
2.4kmで400m近く上る
ちょっと意味が分からない
「平均勾配」が16%

スタートしてすぐに車が下ってきて道が狭いので逃げ場が・・・
脚付きそうになる。
いきなり不安。
 
最初はこれくらいならまだ、、、と思っていたがさらに勾配が上がる。
予想はしていたが予想以上にきつい
きつい部分はダンシングしないとこなせないので、
脚よりも腕と上半身がやられる。
体幹プリーズ!
s-IMG_7831.jpg s-IMG_7828.jpg
朝の雨で日陰は濡れているので滑りそう、
というか何度か後輪は滑った。
これだけ遅いと虫がたかってくるということを体験しました(;´Д`)
 
滴る汗
集る虫
急勾配
狭い道
悪路面
 
罰ゲームとしては最適だ!!
 
後半緩むのは知ってたのでそこまで何とか・・・
が、濡れた路肩で滑りそうになって脚をついてしまった。
く、悔しいorz
 
ここから再スタートできんの??(;゚Д゚)
と焦ったけど、
何とか再スタートして上り切りましたとさ。
s-IMG_7827.jpg 
 
で、これを下るんだが。
怖い。。。
 s-IMG_7830.jpg
時々前から車来るし。
路肩に逃げようにも濡れてるところだともう全然止まらない。
めっちゃゆっくり下る。
 
俺はヒヤヒヤしながら、ホイールはアツアツになる。
すいません、舐めてました。
レーゼロカーボンで来るんじゃなかったorz
放冷しつつなんとか下る。
こんなに手間取ったのは初めてだよコンチクショウメ!
すげえ疲れたw

==============================
夜は別の山に。

いつもの前菜
s-IMG_7835.jpg 
・・・の時点で結構膨れる(;^ω^)

鱧のサラダ
サラダとは・・・?
まるまる一尾あるよね(;´∀`)
s-IMG_7839.jpg


ラム
s-IMG_7842.jpg

デザート
s-IMG_7843.jpg

飲んでないけどかえって即落ちた・・・

7/29 六甲山
実は初めての六甲山
近いんだけどなんせ山が嫌いなもんで・・・


逆瀬川から勾配のきつくなるところまでは嫁さんと走って、
そこから先を頑張る。
予想通りルートを間違えたのは秘密だぞ。
 
それを差し引いてもタイムはひどい。
30分で260Wほど。
みやだでもそんなもんだったから現状こんなもんか。
苦手分野とはいえもうちょっと早くなりたい・・・
 
 
一回西に下ってもう一回上る。
そっから裏六甲ドライブウェイを下って今度はタイムアタック。
12:35  287W
こっちはまだそこそこ。

75km 1900m↑
 
長時間耐えれる力とメンタルかもーん!

JBCF みやだクリテリウム
今年は予選がなくなって2組に分かれての一発決勝。
個人的には予選⇒決勝の方がいいな。
|д゚)2回走れてお得感が
 
しかし2組に分かれるならワンチャンあるか??(^ω^)
と思っていたのに、
またしても走力に偏りががっがが
組分けするならもうちょっとご配慮いただきたいですわよJBCFさん・・・
 

 
雨予報なのだがローラーでのアップはなるべくしたくないので
山の麓まで上って下って。
イマイチだが本番になったら何とかなるだろう(何とかなれ
 
 
雨は小ぶりだけど完全ウェットなのでカーボンのチューブラーに交換。
ホイール自体はレーゼロカーボンを使ってみたかったんだが、
タイヤがミシュランPOWERコンペ・・・
ウェット路面で良く滑るという定評のあるタイヤなので却下(;´Д`)
================================
3.2km×8周
 
余裕をもって並びに行ったつもりなんだが整列はかなり後ろの方に。
皆気合入ってんな(-_-;)
スタートはなるべく前の方で入りたいよなー。
と思ってたらオーマイ!な人が場所を空けてくれた。
オーマイッ!
そのお礼に(文字通り)肩を貸して、二人でクリート嵌めた状態でスタート!
 
これでスタートダッシュは完璧だぜムフフ
と思ってたんだが、前に人がいるのであんまり意味なかた
それでもそこそこの位置で1コーナーに侵入。
 
黄色いしょーうん(工場長)がスタートアタックかまして早速逃げておる。。。
 
ウェットのグリップを確かめながら走る。
周りからコーナーで大きく後れを取ることはなさそうかな。
1周かけて吸収。
 
2周目が周回賞なのをうっかりしていて見送り。。。
序盤からしょーうんが動きまくり。
弱ペ長塚君も積極的
→後半垂れるんじゃないかと思ってたけど最後まで強く別人のようだった。

56さんは上手いよねやっぱり。
いつも前にいるのは5人ほど。
ローテもほとんどそこで回っていて牽き損のように思うけど、
雨のクリテだと牽いていてもこの辺にいる方がいいな。
 s-FB_IMG_1500896540105.jpg
途中グレーチングでオシリが滑って
後ろの人をドキッとさせてすいません、なぜかいつも56さん・・・
どうせなら女性のお尻でドキッとしたいですよね
フロントはグレーチングを避けるor浮かせるandなるべく倒さずに曲がっているので
自分の感覚としては平気なんだけど、
後ろから見てるとヒヤヒヤさせてしまっていたかも。
 
56さんと長塚君と逃げて差ができる。
回していけばいいかと思ったけど、
ホームストレートで合図してもしょーうんが前に出ない。
おや??
性格的にそういうことしなさそうだけど・・・?
と不思議に思ってたら、1コーナー前でアタックされる。
こ れ は ま ず い!
すぐに意図に気付いて追う
踏み倒してなんとか合流
よしこれで4人と思いきや、さすがに後ろも追いついてきちゃった。
 ちぇっ(;´Д`)
s-IMG_7808[1] 
終盤はラストに向けて少しペースが落ちた感じだが、前はキープ。
集団は十数人?
スプリントになったら分が悪いぜ・・・
 
しょーうんがほぼ牽きっぱなし。
イエローの意地か貫録か。
 
少しでも人数を減らしたいので最後の坂でアタック
が、集団は割れず。
体制を整えつつラストに身構え・・・
とラスト2つのコーナーを抜けたところで56さんがアタック。
 
ここで躊躇して勝負が決まった。
 
後ろは牽制が入ってしまって
56さんがそのまま逃げ切り。
後ろのスプリントで自分は4番手の5位。
入賞はしたけど、後半の立ち回りは反省しかない・・・
 s-FB_IMG_1500896574733.jpg
 
56さんが飛び出した時、
さすがのしょーうんも疲れてて、
自分は勝ちたいし、でも自分にそこまでの自信がないので
しょーうんに頼りすぎてて前に出ず。
 
もうね、全部読まれてたというか、ほんとその通り。
詳しくは56cycleをご覧ください。
 
なぜ強くもないスプリントに挑んでしまうかな俺は。。。
 
あーーー情けない!!
 
しばらくレースが少ないから鍛え直そうかね。。。
 
ところで失礼を承知で書くけれど、
56さんと自分のレーススタイルが似ている気がする。
というか、自分がやりたいレースって56さんの感じなんだなと。
見ていて楽しい、一緒に走っていて楽しい。

JBCF みやだヒルクライム  -登れなくて凹む-
斜度のあるヒルクラなので自分の出番なし。
なんだけど、次の日のクリテには出るし、
折橋君出るし、ちょっとでも手助けになればと思って参戦。
結果的には自分程度では
何の役にも立たんかったわけですが・・・
 

アップするが、、うーん。
しんどいのを身体が拒否する感じ。
暑いから身体は動くんだけど、心肺がどうにも。
もやもやしてたらアップオイル塗るのを忘れてた(-_-;)
 
 
自分の走力だと40分ちょっとになるわけだが、
折橋君のアシストと割り切ってるので、
しんどいのは5~10分くらいだろう。
 
今年は穏やかにスタートしてくれよと思ってたんだが、
横浜高校の福田がかけていった。
調子が戻ってきたのか?と思ってたんだが、
初っ端だけだったようで死んでいった。
いらんことを(;´Д`)

花火を打ち上げてくれたもんだからペースが速い。
こりゃあ長くは持たんな(察し
 
下った先でちょっとゆるんだタイミングで
自分も花火を打ち上げるが、
一瞬で吸収される。
その後はズブズブ後退。
ふらついてご迷惑をおかけしました・・・
 
後続の集団につくこともできず、ヘロヘロ。
落ち着いてからは淡々と走る。

ゴール前でこんな表情の余裕がある時点で弱いっつーのw
photo by Kensaku Sakai
s-20229750_1385400378247734_5402883157114811335_o.jpg
 
43:30 で28位。
唐見さんには何とか負けずに済んだw
 
もう出たくないわヒルクラ。。。
・・・って毎年言ってる気がするな。

どうせならこういう山がいい!
 s-IMG_7796[1]


=====================
【反省と考察】

しかしまぁ贔屓目に見てひどい。
なんでこんなに上れないかな~
 
短い上りならそこそこ行けるんだけど、
長くなると全然ダメ。
 
やってないことはできないというが、ほんまそれ
気持ちが持たないのもその通りなんだけど、
長い上りで、しかも斜度がきつくなると特にダメ。
 
筋力も筋持久力もない、ついでに言えば体幹も弱いので、
高トルクをかけ続けられない。
ほとんどの人と比べても上りではケイデンスが高いのもそのせい。
ロードやクリテだと休む時間があるから回復できるんだけど、
ヒルクラはそれがないからなぁ・・・
 
結論としては上るしかないなという
・・・まぁだいたいわかってたけど、
一番嫌いなやつな!!(;´Д`)

7/18~ 平日週報
7/18,19 (火、水)
研修のため何もできず~
築地で朝飯喰ったくらい。
 s-クリップボード01

7/20(木)
刺激入れにタバタ死

 
7/21(金)
朝練 
今日は流しで。
上りスプリント1発だけ。

修善寺エンデューロ 5hエンデューロ ペアで
前日石川ロードからの修善寺エンデューロ
これで4年連続・・・?
我ながらよくやるわ。
 
去年は5時間ソロに出て死んだので、
今年は嫁さんとチームで。
 
お伺いを立てたらソロでもいいよと言ってたけど、
いえ、、ほんと、、、勘弁してください
というのは秘密だ
 
もやし&こけしは去年に引き続きソロ参加。
まじリスペクトっす!!(;´Д`)
 
GOKISOホイールの試乗もできるらしいので、
なかなかないチャンスなので使わせていただくことに。
s-クリップボード01 
初GOKISO

感想はまた後日にでも
==============================
 
俺は短めで3回、嫁さんは長めの2回の予定でスタート。
 
ローリング中にクイックを触ろうとしている輩がいたので
こけしさんと自分で猛注意!
やめんか~!!そういうのは事前にやっとけ!!
一番ヒヤヒヤしたのはこの時。。。
 
リアルスタート後に毎度お決まりのアタックが始まり、
何となくついていったらあっという間に10名切った。
2周目で5,6人に。。。
西谷店長とオープン参加の森本さんが強すぎます。
後のことを考えて5周目でドロップ・・・
8周して嫁さんと交代。
 
嫁さんは7周した後、自分が5周
自分の2走目はひどかったな・・・暑くて力が出ない?
と思ってたら微妙に腹減ってきた。
これアカンやつや、ってこれも毎度修善寺でやらかしてるような。。。
 
嫁さんにバトンタッチして5周よろしく!!と言ったら4周!!と返された。
えええええ(;´Д`)
 
残り30分を微妙に切ってピットイン。
あと3周いける・・・の?
 
やらなくても別にいいんだけど結局頑張る。
残り5秒でゴール。
って、あと1周余計に走らないといけないんだけど・・・
 
流しながら28周達成のもやっしーと合流。
完全に変態であるが、
さらに5分先にゴールした西谷店長は人外かよ・・・

そしてこの表情である
s-IMG_7775.jpg 
 
温泉⇒台湾料理のイナーメコースを満喫して帰る。
お疲れ様!!!


しおれたもやし
s-IMG_7774.png

JBCF石川ロードレース

7/17(日)

本格的なロードレースなので好き。

寺崎君と高橋選手が明らかに強いので皆マークしてて、

展開もそれに従うようなレースでしたな・・・

 

WCUがこれまでにないくらい人数が多い。

数がいれば強いというわけではないけど、

気分的には頼もしい。

 

序盤のチェックはお任せして集団の中で。

タケチ頑張れーーー

s-IMG_7788.jpg 

とは思いつつも前が見えるところにいないと不安なので

割と前目に。

それでも単独の時と比べて安心感はかなりある。

 s-IMG_7786.jpg

シマケンが大きな集団で走るのが上手くないのはすぐにわかった。

・・・がんばれ

 

3,4人位逃げてて、有力処が集団に残ってるし、

これはそのうち吸収できるよな。

次の周の上りで寺崎君がブリッジかけていった。

誰も追わなかったんだが、おそらく他の有力選手はこんなことを考えてたんではなかろうか。

「あの逃げは決まらんだろう」

「最有力候補が逃げで脚を使ってくれればもうけもの」

もう何人か行ってたら集団も追ってただろうけど。

 

ここから秒差がすぐに開く。

下りで回し始めるけどこれがまた回らなくてひどい。。。

逃げに入ってるサイタマが集団を抑えにかかるのはもちろんなんだけど、

前にいるのにローテに入らない・ペース合わせられないとかヤメテクレ~

そのくせ上りだけ変に上がるしこれあかんやつや。

 

次の周の上りで岩崎君がアタック、これには折橋君が反応、自分も反応。

数人でブリッジ圏内まで行くが、集団がぞろっと来てしまったので

追走組が踏みやめてしまう。

 

「差は詰まったしそのうち集団で吸収できるだろう。

このまま踏み続けてここで前を捕まえても脚を使うだけ」と考えてしまった。

 

ここがターニングポイントだったかな・・・

 

そこからまたすぐに差が開く。

これはまずいとS/G後の上りで単独ブリッジを狙ったが、

全く届かず凹む。。。

 

あいかわらず集団のペースは上がらない、特に下り。

できればこういう時こそ人数のいるうちのチームで回していきたいところなんだが、

皆上がって来れる余裕がないのか。。。

前にいるのが折橋君とムラさんとトシアキと自分。

余裕がありそうなのは折橋君ぐらいなんだが

体重軽いから下りは・・・となかなか辛い状況。

牽いても使われ損になりそうだし、、、と躊躇してしまう。

まぁ他のチームも似たような考えなのかもしれんが、

こうなると集団は回りませんな!

レースの難しいところだ、ぐぬぬ。

逃げに誰も乗ってないのが悔やまれる。

 

このあたりから高橋選手が前方で展開。

上りでブリッジしようとする動きに集団が思いっきり反応。

有力選手だからそりゃぁね、、、なんだがこの動きでまたトータルの速度は落ちる。

ずっと30~40秒程度で推移していき差が詰まらない。

 

 

逃げから2名こぼれ落ちてきたのでメイン集団で入賞争いか?

ラストの上り勝負だなというところでやはり高橋選手が思いっきり上げていく。

集団も反応してついていこうとするが、彼のペースは緩まず単独で抜け出していった。

強すぎやろ・・・!!

(逃げに追いついてからの2位だったらしい、、、レベルが違う)

 

残ったメイン集団で入賞争い。

折橋君もあんまり余裕がなさそうなので

どっちかがアシストとかいう状況でもないな。

 

後半のきつくなったところでペースが上がるがここは耐える。

s-IMG_7785.jpg 

岩崎君が前に出てきて後ろを取る。

ゴール前の上りは前で入りたかったので踏んでいってインを取ろうとしたんだが、

見透かされていたか。

ご丁寧に手合図まで出してインを締められたorz

コーナリングと踏みだしが一歩遅れてしまった。

目測で6位か~と思ってたら捲られて7位。

 

久々にやったらアカンやつ!!!

 

展開にロクに絡めてないし、

後半は消極的に立ち回ってしまったし、

いいとこなしで大反省ですわ・・・


反省飯

 s-IMG_7756.jpg

レース後は毎年恒例の修善寺へ。

レースは散々だったが、晩飯は優勝やで!(やけくそ)

s-IMG_7759.jpg s-IMG_7761.jpg