雑な理系の徒然記
自転車とメシ、時々食品業界ネタ
プロフィール

coffee

Author:coffee
食品メーカー勤務の
理系バカ自転車乗り
こんなやつです
http://coffeedai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



counts



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ツールド宮古島 184km
全然腹減ってないのでパン1個とバナナ1切れつまんだのみ。

会場まではすぐなので自走。 
5分前までトイレに行ったりしてのんびり。
男女混走なので184kmの部を嫁さんと一緒にスタート。

 
やる気が滲み出ている人達を先頭に
その後ろでまったりとパレードラン。
伊良部大橋を折り返してしばらくしたところでリアルスタート。
 
特に飛び出す人もなく坦々と。
嫁さんが普通にローテに入ってるので少し自重するように指示(;^ω^)
 
序盤は極力抑えて。
ちょこっと抜け出す人達はいるが、すぐに落ちてくる。
うまいこと逃がしてしまいたいのだがねぇ・・・(;´・ω・)
 
前の方にいる人はだいたい同じなんだが、
ローテがまともに回らなくて気持ちヨクナイ。
長いレースだから牽きたくない気持ちはわかるんだけど、
あまりに露骨にローテに入らない人が多い
 
んでそれを埋めるのに
うちの嫁さんともう一人の女子選手がローテにがっつり入ってて
「女性にひかせんなよ~(;´Д`)」
とレース中に何回言ったかな・・・
 
ヒドい時はこの2人でローテを回してたりとか
なにやってんのw
うまくサボれないのも問題なので、
帰ってから嫁さんにはお説教しました。
優勝した女子選手はこの辺が上手かったな。
ローテに入らずうまく省エネしてた。
男気溢れるのは前述の女性2名なのだが、
そこまで男気溢れなくてもくていいんじゃないでしょうかw
(そういう人は男女問わず好きだが)
 

なんてことをレース中にだらだらと考えるくらいに余裕はある。
1回目の補給がど平坦の道でプラコップを差し出されたのには笑った、
取れるか!!!w
その後の補給は全部ボトルだったのだけど、
アレはなんだったんだろうか(;´Д`)
 
南海岸に入ったところから
去年の114kmを独走で勝ったSHIDOの酒井君が動く。
周りの人たちと比べてもペダリングに余裕があるのに、
あんまり前に出てこないなと思ってたんやけど、
やっと来ましたねという感じ。
 
抜け出していくけど、誰も追わない。
 
ここまで走ってきて要注意なのはこの酒井君と、
フミさんとヅカさん
(↑チームメイトだけどジャージバラバラだしチームプレイはしてなかったな・・・)
他には、脚はあるけど最後まで持たないだろうなという人が数名。
 
二人逃げも考えたけど、
暑い中まだ100km以上残しているのでここは放置。
 
30秒差くらいに保って来間島を過ぎてから吸収。
 
ペースが遅いから集団はまだ人数が多いけど、
本当に暑いので2周目が勝負かな。
ちょっとペースが上がったところで10名弱先行。
間を置いて追走、これで人数が少し減る。
 
確認すると嫁さんがいない。。。
さっきまでローテに入ってたりしたのにあれ?と不思議に思ったけど、
いないものはしょうがないか。
(パンクで離脱していた模様・・・残念。)
 
ということで嫁さんのことを気遣う必要はなくなってしまった
そもそもあまり気遣っていないが
 
向かい風の上りでペースが遅く感じたので、皆しんどいのかな??
ここでペースを上げて抜け出してみる。
 
誰がついてくるかと思ったら誰も来ない。
そのままキープすると一気に離れた。
まじ??
 
残り60km以上あるんやけど、、、
エアロポジションに切り替えて坦々と南下。
しばらくすると見えなくなったので1分以上は開いた。
向かい風なのにこんだけ離れるってことは後ろは全然回ってないな・・・
 
平安名岬の折り返しでも結構な差があるし、追走が4名??
逃げ切りが見えてきた。
ただただ暑くてひたすら水をかけながら走る。
パワーは全然出ないんだが、無理し過ぎず、
オーバーヒートしないように耐える。
平坦~下りはエアロポジションで、
登りは身体をほぐしながら。

後ろは見えず、2分くらい開いてるんじゃないかと思ってたが
なかなか秒差を伝えてくれず。
やっと教えてくれたと思ったら1分15秒と言われてちょっと焦る。
ほんまかいな・・・?
ダレてきたところだったので少し気を入れて踏んでいく。

追いつかれてももう一勝負できるくらいの気持ちでいたけど、
ラスト10km切ってからは逃げ切るつもりで上げる。

ここからしばらく秒差を教えてくれないのでずっと不安だった(;´Д`)

最終的に約2分差で逃げ切り。
c4cbf66d69feeeae5048a60c372707ee.jpg 

s-IMG_7686.jpg 

嫁さんは3位。
s-IMG_7674.jpg

みんなの賞品!!s-IMG_7689.jpg

嫁さんのタイヤのサイドカット・・・
新品のGP4000Sがこれじゃあどうしようもないな。
南斗水鳥拳を食らったのか(;^ω^)

パンク修理にかなり待たされちゃったらしく、
そこからずっと単独走行だったのに、
実走行時間は女子の優勝タイムと2分くらいしか変わらんかったみたい。

うーん、勝負したかったよね・・・
まぁそれもレースなのでしょーがない!
s-IMG_7734.jpg

↓パンクの容疑者
s-IMG_7731.jpg 

暑さと風との勝負やったね、、、脚力だけじゃなくて体力勝負。 
南の島はたっぷり満喫させてもらったわ(;´Д`)

=================================
おまけ

宮古島CX(違
s-IMG_7726.jpg s-IMG_7721.jpgs-IMG_7722.jpg


敦子って誰だよwww
s-クリップボード01
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://coffeedai.blog.fc2.com/tb.php/385-4cad4473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)