FC2ブログ
雑な理系の徒然記
自転車とメシ、時々食品業界ネタ
プロフィール

coffee

Author:coffee
食品メーカー勤務の
理系バカ自転車乗り
こんなやつです
http://coffeedai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



counts



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCF秋吉台ロード エリート
金曜夜にマサルと佐々木を拾って一路山口へ
レースに出ない佐々木がずっと運転してくれて感謝しかない

おかげで割と寝れた

 
現地についたら予報通りの雨なので、車で試走
わかってはいたが、激坂が萎えるね
まぁ2回だけだし頑張ろう・・・
 
下りは濡れてるし気を付けないとなと思ってたけど、
実際には思ったほどでもなかった(後述)
暗かったのもあるけど、車で走ってた時の方がよっぽど気を遣ったな
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

アップはローラーにて
雨の日って準備にしてもアップにしてもやる気が出てこない
レースになれば濡れようがあんまり気にならへんのやけどね・・・
アップやってる途中に、
序盤がアップ区間みたいなもんだからいいかと考えて
10分もかけずに終了~
 
自転車を並べたはいいが、アップオイルを車に忘れてきたorz
取りに戻るのは厳しいな~と思ってたところでイナーメブースを発見
中畑監督にお願いして、アップオイルとレインジェルを貸していただきました。
 
ありがとうございます!
おかげで雨でもあまり気にせず走ることができました♪
普段から愛用しているのでこれはステマではないわよw
 
=================================
ほぼ30kmを2周
ゴール前は1.1kmで140mほど上る5~6分の坂
どう考えてもここが勝負処ですね
 
レースはローリングスタートにて
 
ローリング中、ボンシャンスがCOMカーの後ろに張り付いてたから、
てっきり若者らしくスタートアタックするもんだと思ってたんだが、
リアルスタートしても何もせず
そしてレース後一度も見ることはなかった
ん・・・何がしたかったんだ?(;´Д`)
 
 
特に派手なアタックもなく進行
しばらくしてFJTさんが入った逃げができる
5名くらいだったかな?
乗るか迷ったけど、
秒差は開きそうにないので静観→自然に吸収
集団がまったりしてしまったので一度抜け出してみる
 
VELOCEの人が1人来てとりあえず逃げ
ちょうど下りだったのでここは無駄足を使い過ぎないように程々に走る
平坦になって吸収される
 
数人抜け出すが、ここは回して吸収
「簡単には抜け出しにくいしうまく回さないと、
このコースは良いペースを保てないだろうなぁという印象」
 
復路は上り基調
多少しんどいけどアタックがかかるわけでもなく集団で進行
下りに入る前に前に出て、3,4番手くらいで下り始める。
・・・
前の人が遅かったので声をかけて抜く。
漕いでないんだけど直線で詰まるってどないやねん。。。
こりゃドラフティングいらへんなと思って、
そのまま先頭で安全に下る。
びゅーーーん(=_=)
 
何秒かマージンできてラッキー!な状態で激坂を上り始める
えっちらおっちら
案の定すぐに追いつかれて、VCFukuokaの小柄な選手が飛び出していく
何人かに先行されるが慌てずにペースでのぼる
 
先行してるのが3人
もう少し人数が行ったら全力で追うつもりだったが、
小柄な選手が中心だったので追わない選択をした
 
が、ここは行っとけばよかったと後悔することに
 
カルスト台地に出ると後ろから合流してきて集団が10人ほど
VCFukuoka1名、eNShare2名の3人逃げとは目測で10秒
回せば追いつけるなというところなんだが、
こっちは3、4人で回している状態
イナーメの河田選手、フィッツの宇賀選手は明らかに強かったので、
坂が終わる前に追いついておけば逃げは決まってたなorz
 
 
当然逃げに入ってる2チームはしっかりこちらの集団を押さえてくる
デスヨネー(;^ω^)
いい仕事しよるな、くそー羨ましい
・・・その頃うちのジマさんはパンクしてたそうでw
 
そうこうしている間に逃げが離れていく
牽けるメンバーガペースを上げても
集団はついてきちゃうって休んじゃうわで
ペースが上がらない、ぐぬぬ(-_-;)
ミスったなぁ

しょうがないので牽けるメンバーで回していく
追いついてきた人も加えつつ集団の人数が増えて、
途中FJTさんや糸川さんもローテに入ってくれてどうにか集団が回りはじめる
 
がしかーし!
こんな状況でもローテを乱す人がちらほら。
上り返しで無駄に上げる人とか、ローテの流れを止めちゃう人とか・・・
 
どうやったら集団が早く走れるのかを考えてくれ!!
と若干イライラしつつ何とかペースをキープ
 

序盤に考えていたこと
「簡単には抜け出しにくいしうまく回さないと、
このコースは良いペースを保てないだろうなぁという印象」 
集団の状況がまさにコレ
 
逆に前3人はきれいに回ってるんだろう
地元チームだし、このコースを走ったことがあるんだとしたら有利だよな
このコースは慣れてると速い
まぁそんなことは後では何とでも言えることやけどw
 
・・・
。。。
やっとこ逃げを射程にとらえてホッと一息
 
なんとなく集団の人数が増えていることが気に入らなかったので
カウンターアタック
ついやってしまった(-_-)
逃げてたVCFukuokaの子が即反応してくる、しかも笑ってる
この子面白い、好きなタイプだw
 
ここは逃げれず集団で復路を行く
牽ける人は限られてるので、前目に陣取っておけばまず大丈夫
最後勝負と踏んでちょっと休む
 
1周目と同じく下りを先頭で、と思ったところで、
eNShareの人が一人先行
 
すぐに追いつ・・・けない
流石にこの人を抜くのはちょっとリスキーなので
少し開けて下る
 
それでも後続とは離れた状態で激坂へ入れた
1周目と同じように追いつかれてここからが本番!
そしてまたしてもVCFukuokaの小柄な子がアタック
s-s-21686774_1439321576188947_7492992883698269042_o.jpg 
 
アレは反応したら死ぬ・・・ペースで淡々と行く
s-IMG_8183[1] s-IMG_8181[1]
Photo by Kensaku Sakai いつもお写真ありがとうございます!

ここで宇賀君が抜け出していく
いっぱいいっぱいではなかったが、
脚が終わることに恐れて反応できなかった
 
色んな人の応援が聞こえるが徐々に遅れてしまい
9秒遅れの6位でゴール
s-IMG_8164[1] 

くやしいのう
くやしいのう
 
逃げに乗らなかった判断は失敗
その後うまく振り出しに戻せたのは良かった
最後も下りで稼げたけど、力勝負になってやっぱ分が悪かったのと
何より自分のペースに固執し過ぎたのが大反省・・・
心を折られる前に折りにいかないとダメだね
 
1位が10代、2~5位が20代
 
若者に勉強させてもらったぜ(泣


親子ちぎり というすごいネーミングセンスw
s-IMG_8166[1] 

入賞の賞品 美味しく頂きました
s-IMG_8172[1]

真っ先に千切れてんのにこのお大臣はw
s-IMG_8169[1]
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://coffeedai.blog.fc2.com/tb.php/408-4df48861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。