FC2ブログ
雑な理系の徒然記
自転車とメシ、時々食品業界ネタ
プロフィール

coffee

Author:coffee
食品メーカー勤務の
理系バカ自転車乗り
こんなやつです
http://coffeedai.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



counts



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美山ロードレース C1
2年ぶりに参加の美山ロード
去年は鈴鹿(の賞金に目がくらんで)とかぶっていて不参加、
一昨年は2周目直後に落車があり、ただの練習になってしまったので、
今年はまともにレースを楽しみたいなと思っていた(フラグ1)
 
ほぼ10kmを7周
上りは2分強の九鬼ヶ坂くらいで後はほぼ平坦
プロは前年優勝者のシマノ秋田選手くらいだが、
アマのトップクラスの選手がゴロゴロ
俺なんかでも聞いたことのある学連選手も結構いる
 
エントリー数200名超えってどうよw
学生が多いのが色んな意味で怖い()
一昨年のこともあるし、極力前で走ろう(フラグ2)
 
暑い・・・
ダブルボトルで行ったけどほぼ飲みきった
 
暑いのでアップをする気にならず、
身体をほぐすくらい
 
シード選手が前に並び、自分は真ん中くらいからスタート
 
リアルスタートしたら少しずつ前に上がっていく
先頭が見える位置に上がったが、
アップもしてないし最初の1周はアップでおとなしくしてよう(フラグ3)
 
集団から数名が抜け出す
秒差が開いたので
何故かブリッジかけてしまう自分
・・・フラグ回収!
 
8名くらい?割といい人数になる
俺以外全部学生やんけw
皆まだ元気なのでイケイケ
結構きついペースで突き進む
しかし九鬼ヶ坂の手前で集団が追ってきて坂の途中で捕まる
きっつぅ・・・
 
一旦集団内で休む
すげえ楽だな
集団の強さを感じたのと、1周目でかなり疲れたので
簡単に逃げは決まらんだろうと踏んで、結構下がってしまった
 
上りも集団だとだいぶ楽だなーと感じる
集団先頭で秋田選手や龍太郎がハイペースで登っていくのがちらっと見えたけど、
お米アタックかな?まぁ吸収するやろ、と呑気に構えていた
 
後で考えてみたら、
この2周目の坂で実質レースが終わっていたというね
あほか俺・・・
 
3周目入って集団の先頭へ出ていく
あれ??
有力どころが揃って不在
 
龍太郎、秋田選手は当然いない
マツケンさん、亮さん、寺崎君、小林さんもいない
 
ぐあーー! やっちまったーーーー!!
 
乗ろうとして乗れなかったんじゃなくて、
逃げができてたことにも気づいてなかったって
アタマがお花畑過ぎやろ俺・・・orz
 
しかしまだ望みは捨てずに集団で追いつこうと牽く
追いつくぞという気持ちのある人は少数な感じ?
 
3周目の坂で強い学生が一本牽き
何とかついていけるけどちょっと前に出れない・・・
自分の前の津田君も前に出ないのでおとなしくついていく
 
きついペースだったので後ろはブチブチ
しかし逃げは見えない、下った先で集団になる
逃げが40秒差と聞いて萎える、まじすかorz
 
集団の動きが鈍い
が、ここで止まってもしょうがないので、
なんとかペースを保とうと声掛け
キリP、藤田さん、サダさん、堀井さん
逃げに入ってない鹿屋の選手も結構牽いてくれた
だだだも頑張ってたな
 
逃げに乗ってるチームは京産大とバルバ、イナーメくらい?
ここが当然逃げを抑えにかかるが、京産の動きが良い
いやらしくない程度の位置でローテを回したいのに微妙に困る・・・
逃げ抑えるのにちょうどいいさじ加減やね(褒めてる)
 
感心してる場合じゃねえw
 
何とか前に追いつかないまでも秒差は保ちたいところ
前がバラけるかもしれないし
 


上りはペースで
s-33900808_1717909551663480_7211662338124939264_o.jpg s-33840730_1717902094997559_2606072918400040960_o.jpgs-33964435_1717902171664218_1836418919305314304_o.jpg
このあたりをちゃんとわかっていて声出してくれる学生がいてうれしい
つまりはわかってないやつが多いということでもある
抜け出そうとしてすぐ垂れてくる高校生とかな・・・
 
しかし秒差が開いていく・・・
ペースを上げるとローテが切れる、ぬあぁぁ
 s-33814929_1717911984996570_5629042429433741312_o.jpg
悶々としつつも最終周
何故か(何故かでもないけど)
最後の坂の前で上がってくるこれまでに見てない面々
どのレースでもいるけどなんなんこいつらもう・・・
そらルール的にはいいんだが、気分良くはない(-_-;)
 
最後の坂ではね上がるかと思ったが、何とかついてく
藤田さんがバックファイアしそうだったので檄を飛ばすw
 
前から10番目くらいで頂上通過、
後ろがばらけてるかは微妙なところ
リスク回避でヘアピンに入る前に数人抜いておく
最後のヘアピンは今までの周回よりちょっとだけ速度が上がってた
まぁ安全速度でホッ
・・・としていたら3人位後ろ?で落車音
 
まじか
 
これで10人位になってしまいスプリントへ
ほとんど学生
枚数のある京産がリードアウトな感じなのでそれに合わせるような形
もう前10人ほどはゴールしてるので、つまらん落車だけはせんように
しかしコーナーのたびに真後ろにつくのを外す自分の下手くそっぷりorz
 
スプリントは5,6人目くらいでゴール、びみょーーーw
最後のスプリントは反省しかない
左右どちらから行くか迷ってる時点でダメ
こういう時はだいたいあかんね
 
17位でした
が、O44(35~44才)では2位だったので一応表彰台でした!
 s-33771164_1717923514995417_2348295612723625984_o.jpg
マツケンさんと藤田さんと
 
ご一緒に練習させてもろてることに感謝!

photo by Kensaku Sakai 
いつもありがとうございます
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://coffeedai.blog.fc2.com/tb.php/458-7227761a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。